【保険会社に問合せ】後部座席を外して運転したら保険はおりないのか

けんたのアイコン画像けんた
後部座席を外したいけど、それで事故してら保険っておりるの?

とお悩みの方、必見です!

もし、「後部座席は車検の時だけ戻せばいいや〜」なんて少しでも考えているなら…ちょっとお待ちください!

私も以前は同じようなことを考えていましたが、後部座席を外すことで何か支障がないのか、保険は本当におりるのか、が心配になり、実際に保険会社に問い合わせをして確かめてみました。

この記事ではその結果をシェアしていきます。

【本記事でわかること】

  • 後部座席を外すと支障があること
  • 保険は適用されるかの有無
目次

後部座席を外しての運転は、保険はおりない可能性がある

保険がおりない可能性がある

最初に結論からお伝えします。

後部座席を外して運転した場合、

構造変更をしていないと、事故の際に保険がおりない可能性がある

…なんとも曖昧な書き方をしてすいません。

ただ実際に保険会社に問い合わせした際に、保険会社によって回答が違っていたのでこう言った書き方をしました。

実際に保険会社へ問い合わせした内容は後半に記載します。

後部座席を外して走ると違反?

後部座席を外して走ると違反

そもそも保険の前に、「後部座席を外して公道を走ることは違反になるのか?」という疑問がありますが

これは実は、走ることに関しては違反ではありません。

今の道路交通法には、シートを外して走行したら違法になるという規定はないからです。

警察に取り締まられる心配はない訳ですね。

ただ、後部座席を外して、荷室をマットや木材でフラットにしたとしても、そこに人を乗せて公道を運転してはいけません。

今は道路交通法の改正で後部座席のシートベルトの着用まで義務化されている上「乗車積載方法違反」にあたり、これは違法になるので注意しましょう。

後部座席を外すと車検は通らない?

後部座席外すと車検は通らない

では違法ではないとして、車検はどうなるのか?

これは後部座席を外して車検を受けに行った場合は、構造変更していなければ通りません。

車検証に『乗車定員4名』と書いてあるにも関わらず、4名分乗る事のできる場所が確保されていないからですね。

乗車定員の写真

ですので、上記の内容をまとめると、

後部座席を外しての運転は警察に取り締まられる事はないが、車検には通らない

ということです。

では、「やっぱり車検の時だけシートを戻せばいいのでは?」と思ったりもしますが、最初にお伝えしたように保険がおりない可能性があること。ここだけが問題です。

真実を確かめるために大手の保険会社に電話で問い合わせしました。

後部座席を外した運転に対する各保険会社の回答

保険会社の回答

私はネット自動車保険で最も安かったチューリッヒ保険会社で自動車保険に入っていますが、いくつかの保険会社にも問い合わせてみました。

結果はこちら。

保険会社回答内容
チューリッヒ保険車が車検証と全く同じ状態でないと保険適用外です
SBI損保違法改造でなければ申し込み可能だか車両保険は入れない可能性があります
ソニー損保車が車検証と全く同じ状態でないと保険適用外です
三井ダイレクト保険事故に直接関係しない改造なら申し込み可能な場合があります

保険会社によって回答は違っていました。

共通して電話で最初に聞かれるのが、違法改造ではないかの確認です。

違法改造とは主に、車高を著しく低くしたり、マフラーを取り外したり、ライトを規格外の色に変更したりなどの場合に当たります。

後部座席を外して運転は違法ではないので、ここは問題なし。

しかし、半分くらいの保険会社が、「車検査証と違う形で運転して事故をした場合は保険がおりない可能性がある」との回答でした。

私が問い合わせた場合だと、三井ダイレクト保険とSBI損保では保険が適用される場合があるようです。

やはり、可能性…という曖昧な回答で、どこもグレーゾーンのような印象を受けました。

陸運局にも問い合わせ

不安だったので保険会社だけでなく、構造変更の陸運局に問い合わせしてみました。

問い合わせのアイコン画像問い合わせ
後部座席を取り外しての運転での事故は、保険会社の担当者による…という感じですね。後部座席を外した事がきっかけになる事故は考えにくいですが、絶対に万が一のときに保険がおりるとは言えないのが現状です。

という回答をいただきました。

保険会社の担当による、となると、万が一事故が起きた際は「運次第」のようになってしまいます。

これではせっかく保険料を支払って保険を掛けている意味が無くなってしまいます。

万が一のときに保険金がおりないなんて事があればせっかくの旅やキャンプを楽しむことができませんよね…。

つまり、

必ず保険を適用させたいのであれば、後部座席を外しての運転は構造変更が必須

ということです。

私も車検の期間はまだ残っていましたが、早急に構造変更の手続きに行きました。

構造変更の流れはこちらに書いています。

後部座席を外すなら構造変更が必要な理由・まとめ

  • 道路交通法で違反にはならない(荷室に人を乗せて運転は×)
  • 車検は通らない
  • 保険がおりない可能性がある
    →担当者によるというグレーゾーン

後部座席を外しての運転の結論は、

グレーゾーンならば、運に任せるのでなく、旅やキャンプを全力で楽しむためにも、構造変更はしておこう

ということです。

構造変更も陸運局に行く手間はありますが、実際してみると手続きは簡単です。

1度構造変更してしまえば、2度としなくて済むので、早めに済ませてしまうことをお勧めします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアしてね!

この記事を書いた人

あかねのアバター あかね ライター

素人ふたりで軽バンをキャンピングカー仕様に改造して、日本を旅しています。

作り方の途中経過をSNSで発信!

目次
閉じる