ヨガの知識

【元銀行員が伝えたい】若いうちに知ってほしいお金の考え方4選

男の子
男の子
お金のことって正直考えるの面倒なんだよな、、。
女の子
女の子
今は生活するのにお金も時間もないよ。50代くらいになってからでいいかな。

と思っている20代〜30代の方、今回はぜひ読んでほしい記事です。

 

今回は私の経験をもとに
銀行に勤めて知っておいてよかった
お金の考え方について
紹介します。

 

私はもともとお金に関する知識も興味もなく、その上面倒くさがり。

新聞を読み始めたのも銀行に勤めてからです。

 

ただ、そんな人間でも、銀行で働いて、この4つを知ったことで『自分も何か早いうちにしないといけないな』と思えました。

 

※今回の記事では運用知識よりも、それ以前のきっかけになる部分についての内容です。

 

 

情報の格差=お金の格差

1番はこれです!

①情報の格差で、資産の格差がある

つまり、「知らない」というだけで、
お金の面では損することが多すぎます!

 

よく、営業をしていると、こういうことがあります。

担当者
担当者
運用はどこかでされたことはございますか?
お客さま
お客さま
運用?そんなしないって決めてるの。怖そうだし。

断るのは構いません。

ただ、本当に「自分が知った上で断っているのか?」が重要です。

 

運用はきちんと知識と情報があれば、必ず、必要だと感じます。

 

もちろん私もしていますが、
ギャンブルと違って、運任せじゃありません。きちんとした、将来の資産を準備できます。

 

また、運用以外に、つみたて貯金、保険、相続などの非課税枠が使えたり、格安スマホ、ふるさと納税、キャッシュレスなど、

日常生活でお得なお金の情報は山程あります。

「知っていて、選択しない」のと、
「知らずに怖いから選択しない」とは大きく違います。 

運用は値動きがあって怖い、、
という方でも一度相談して下さい。
ネットでの検索でも良いです。

 

値動きの幅(リスクの幅)は自分で決められるので、

  • 値動きの少ないもの
  • 元本保障のもの
  • 大きく値上がりが期待できるもの
  • ほったらかし(お任せ)にできるもの

など自分に合う商品は必ずあるはずです。

 

お金に関してお得な情報は山程あります!
意外と周りの人は色々していますよ!

 

年齢問わず、資産の差は開く

つぎに2つ目。

②若くても2000万円以上の貯蓄がある人は割といる

ということです。

 

年金2000万円不足しているなんて言いますが、すでに30代、40代できちんと準備できている人も割といるので、私も驚きました。

年齢と共に格差は開いています。

 

給与が多いのか?と言われたら、
手取り25万円くらいの方でも、結構いましたね。

 

自分で貯蓄した分なのか、親からの相続金なのか、副業で稼いでいるのか、運用しているのか、、、

 

どこからの資金かは人それぞれなので分かりません。

 

ただ、意外と周りにも言わないだけで、若くてもお金をきちんと備えている人が多いことは事実です。

 


 

私自身、入社した頃は毎月の給与もボーナスも好き放題に全部使っていたので、

自分が30代.40代になった頃
「本当にこれだけ貯めることが出来るのだろうか、、」

と焦ったことを覚えています。


 

『いずれ始めればいいや・・』と
思っている方は、

若いうちから貯蓄や運用を始めることを強くオススメします!!

 

人生100年は実現している

つぎに3つ目。

③人生100年はもうすでに実現

ということです。

 

私は運用・相続関連のお話をする個人の担当だったので、仕事上70歳以上のお客様とお話しをする事が多いです。

 

ただ、皆さん若いです!

周りを見てみてください。昔の70歳ってヨボヨボのおじいさんのイメージですが、むしろそんな方見つける方が難しいくらいですね。

 

毎年、敬老の日には人口の推移が発表されますが、すでに65歳以上の高齢者が全体の人口の約3割を占めています。

 

お客様には90歳以上の方も何人もいました。
もちろん膝が痛い、耳が遠くなるなどはあっても、お元気で一人暮らしされてる方も実はたくさんいます。

 

今でさえ、これだけ高齢者と呼ばれる方が多く、そして若いのに、

私たち20代が実際に高齢者になる頃には100歳なんて全く珍しくない

ということは身をもって実感しました。

お客さま
お客さま
そんな生きたくないわ〜

ってよく言われますが、

  • じゃあもし本当に長生きしたらどうしますか?
  • お金の寿命のほうが先に尽きてしまいませんか?
  • 80歳からアルバイトしますか?

 
と、いうことになります。

 

お金は準備しておいて損は無いので、長生きするためにも貯蓄はとても大切です。

 

百間は一見に如かず

最後に4つ目。

②とにかく経験あるのみ!

です!!

 

お客さま
お客さま
運用は興味あるけど、退職金が入ってからしようかな。

これもよく言われますが、
興味あるなら絶対にすぐに始めた方がいいです!

 

たしかにある程度まとまったお金が出来てから運用するのもいいですが、

実際にまとまったお金が入ったとき、本当に運用にまわせますか?

と、私はいつも思います。

 

今まで頑張って頑張って働いて、やっと手に入れた大切な退職金。

使ってしまっては無くなる一方なので、当然長持ちさせるためにも運用はしたほうがいいです。

 

私なら大半を運用資金に回します。

 

ただ、過去に一度も運用経験なく、

  • 本当に増えるのか?
  • どんな感じで値動きするのか?

いくら金融機関の担当者から聞いても

『百間は一見に如かず』

大抵の人は
「分からないものには手を出せない」
(もしくは、少ししか手を出せない)

なんですよね。

 

やっぱり過去に運用経験が少しでもある方は、どれが自分にあっているかよく知っています。

 

そのまとまったお金を増やすというよりも、

『守るために』しっかり運用する決断力を持っています。

 

のちのちそういうことにならないよう、若いときに1度、運用の経験はしておくことをおすすめします!

 

実際、今金融機関でも1番安いもので1000円から、ネット証券なら100円やポイントでも出来ますね。

宝くじ買うくらいなら! 
まずは運用してみてください!

 

1000円投資してほったらかしにしててもいいです。何年後かに思い出した頃に見てみてください。きちんと増えていることが大半だと思います。

 

まとめ

今回の記事では、お金のことについて考えるきっかけになればと思い、書きました。

運用とは?
実際ギャンブルとは違うのか?

などは別の記事にて紹介しますので、そちらもチェックしてみてください。

今回の記事のまとめ

  • 『情報の格差』=資産の格差
  • 若い人でもきちんと貯蓄できてる人はいる(周りには言わないだけ)
  • 長生きするにはお金もその分準備が必要
  • 運用も慣れ。経験が必ず必要

 

最近のコメント