【実証】当日の届け出のみで鳥取砂丘でドローンを飛ばす方法

けんたのアイコン画像けんた
鳥取砂丘でドローンを飛ばしたい…!方法はあるの?

とお困りの方へ

実は鳥取砂丘は許可を取ればドローンを飛ばすことができます。

大抵の観光地化されている場所ではドローンは禁止されている中、これは嬉しいことですね。

また、許可と言っても難しいものではなく、当日でも簡単に行えるものでした。

この記事では、実際に私がドローンを飛ばすために行った手順を紹介します。

【本記事でわかること】

  • 鳥取砂丘でドローンを飛ばせる条件
  • 鳥取砂丘でドローンを飛ばすための手順
目次

鳥取砂丘でドローンを飛ばせる条件

ドローンはいつでも飛ばせる訳ではなく、実はその日の天候の状態によります。

  • 平均風速5m/秒以内
  • 最大風速10 /秒以内

上の条件は、ドローンは人との接触、紛失の恐れがあるため、強風時は使わないようにするために上記のルールが設けられています。

平均風速が5m/秒以内でも、最大風速が10m/秒以上であれば、天候が安定していない証拠ですので、飛ばせません。

また、当然ですが、飛ばせたとしても人の少ない場所を選び、ドローンが目視できる範囲内で飛ばしましょう。

✔️平均風速の調べ方
「鳥取砂丘ナビ」をチェック

こちらのホームページの右上は常に更新されていて、一目で今の鳥取砂丘の天候状態を知ることができます。

鳥取砂丘での風速の調べ方

鳥取砂丘でドローンを飛ばす手順

1.観光ジオパーク推進課に連絡
2.ビジターセンターへで届け出を行う

上の2点です。順に説明します。

観光地ジオパーク推進課に連絡

当日スムーズに手続きを済ませるためには、観光ジオパーク推進課から鳥取市への連絡を済ませておく必要があります。

もし、当日にこれをしていなくても、ドローンの許可は貰えるのですが、少し時間がかかるのでして連絡しておくのがベストです。

✔️鳥取市観光・ジオパーク推進課
→(TEL:0857-30-8293)

この連絡で鳥取市への申請が終わるので簡単に手続きが済みます。

当日ビジターセンターへ届け出

ビジターセンターは鳥取砂丘のメイン駐車場の直ぐそばにある施設です。

全体図で言うと東側にあります。

近くにお土産屋さんの「らくだや」があるので現地に行けばすぐ分かります。

鳥取砂丘のビジターセンターへの地図

ここでドローンを飛ばしたい旨を職員の方に伝えます。

そうすると、「鳥取市への許可はお済みですか?」と聞かれるので、自然に観光ジオパーク推進課に連絡している方は「はい」と答えましょう。

連絡していない方は、注意事項や説明を受けてから紙に個人情報を記入します。

紙は1枚ものの、名前や住所、飛行時間など簡単に記入するもののみでした。

ドローンへの注意事項は当日にも話がありますが、こちらにも載せておきます。

【砂丘内でのドローン飛行についての注意事項】

・届け出(鳥取市観光・ジオパーク推進課)
・強風時の使用は控える
・機体と操縦者の距離は100m程度までとし、目視できる範囲に限定
・第三者の有無を確認し、第三者がいる場合は不安を感じさせるような操縦は禁止
・第三者とドローンとの距離を十分に保つ

その他、航空法でも以下の行為が禁止されています。

・夜間飛行
・目視外飛行
・人または物件との間が30m未満となること
・イベントの上空での飛行
・爆発物など危険物の輸送
・物を投下させること

当日ビジターセンターで受け取る注意事項より抜粋

先程の地図で言うと、入口付近はラクダの乗車体験などで混雑しているため、西側か海のそばでの飛行をおすすめします。

上記の注意事項を守ることに同意の署名をすれば、ドローン飛行の許可がおります。

届け出というと最初は面倒なイメージがありましたが、実際は本当に簡単な手続きでした。

ビジネスセンターの職員の方もとても親切ですので、分からないことや質問は気軽にしてみてください。

鳥取砂丘でドローンを飛ばす方法・まとめ

  1. 前日までに鳥取観光ジオパーク推進課に連絡しておくとスムーズ(絶対ではない)
  2. 当日はビジターセンターに届け出を出す
  3. 注意事項の説明を受けると許可が下りる

ドローンは実際に人や物への損害があるのも事実です。

普通は観光地では禁止されているところ、鳥取市は今は大きなドローンでの事故が無いため、ルールを設けながらも許可してくれています。

万が一、ルールを破って損害を与えた場合、今後はドローンが飛ばせなくなる可能性も大いにあります。

ルールを守り、安全かつ人に不安を与えたり、迷惑をかけるようなことは絶対にしないようにドローンを飛ばしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアしてね!

この記事を書いた人

あかねのアバター あかね ライター

素人ふたりで軽バンをキャンピングカー仕様に改造して、日本を旅しています。

作り方の途中経過をSNSで発信!

目次
閉じる